展示物リスト

開業当初の展示物一部リストです。

日本建築展示一部例示品

 縮尺20分の1模型品

 

日本建築館日本建築館

上古通り

檀原の宮 天日隅の宮

茶臼山家形埴輪~群馬県古墳出土
飛鳥・奈良通り

法隆寺【552~794】

薬師寺

平安通り

春日神社【794~1185】

平等院

鎌倉・室町通り

建長寺 唐様【1185~1573】

円覚寺 〃

桃山・江戸通り

姫路城

醍醐三宝院    書院造りと茶室

園城寺勧学院客殿

明治・大正通り

東京帝室博物館

東京駅

現代通り 主要都市の国際建築ビル群

 

 各時代の主要建築物の背景に住宅街の変遷を演出する

 

西洋建築展示品一部例示

 縮尺20分の1模型品

西洋建築館 エジプト通り

西洋建築館

 

エジプト通り

サッカラのピラミッド【BC2650】

コンスの神殿
西アジア通り

アッシュール宮殿

コルサバッド宮殿

エーゲ通り

クノッソス宮殿【BC2000】

アポロ宮殿

ギリシャ通り

パルティノン神殿【BC1000】

円覚寺     〃

ローマ通り

コロッセオ【BC80

サンタンジェロの城と橋【136

ロマネスク街 1000

 イタリア通り

サン・アントニオ寺院

サン・ミケレ寺院

 フランス通り

アヴィニオンノートルダム

アングレーム大寺

 ドイツ通り

ヴォルム大寺

ケルン聖堂
 イギリス通り

セントジョン礼拝堂

ウィンチェスター大寺

ゴシック街 1200

 イタリア通り

ミラノ大聖堂

サンペトロニオ大寺

 ベルギー通り

アントワープ寺院

ブルーシェ市庁舎

 フランス通り

パリノートルダム寺院

ランス寺院

 イギリス通り

ゾールズベリ大寺

ヨーク大寺

 ドイツ通り

ケルン大寺

フライブルグ大寺

ルネッサンス街

 イタリア通り

サンピエトロ寺院
フイレンツェ大聖堂

 フランス通り

ルーブル宮殿

シャンポール城

 スペイン通り

グラナダ大寺

アルハンブラ宮殿

バロック街

 イタリア通り

サンアンドレア寺院

サンタマリア・デラ・サルーテ

 ドイツ通り

ツヴインガー宮殿

シェーンブルン城

 フランス通り ルーブル宮殿
ヴェルサイユ宮殿

ロココ街

 フランス通り

サンジュヌヴィエーヴバンテオン

ヴェルキイユプチトリアノン

 ドイツ通り

ブルッフザール城

サンスーン宮殿

~家具・工芸・室内装飾に特徴ある時代

19世紀古典街

 フランス通り

マルメゾン城
エトワール凱旋門

 イギリス街 大英博物館
ロンドン株式取引所
 ドイツ通り ワルハラ宮殿
ベルリン劇場
 アメリカ通り ワシントン国会議事堂
コロンビア大学

19世紀浪漫街

 ドイツ通り

ベルリン市庁舎
ミュンヘン博物館

 オーストリア通り ルーテル教会
ゲオルク教会
 フランス通り パリグランオペラ座
国会議事堂

近代街

 フランス通り

エッフェル塔
ランシーノートルダム

 ヨーロッパ通り 水晶宮     イギリス
ケルンガラス館 ドイツ
 アメリカ通り クライスラービル
エンパイアーステートビル
~コンクリート・鉄骨時代

現代街

 アメリカ通り

国連本部ビル

 各国の高層通り 主要都市高層ビル群      
各時代の住宅町並を配してその変遷も演出する。


 各時代の主要建築物の背景に住宅街の変遷を演出する

 

西洋絵画展示の一部例示品

 実物大模写・複製品

西洋絵画館

原始古代

アルデシュ洞窟壁画【30000年前】

ラスコーの洞窟壁画【20000年前】

アルタミラ洞窟壁画
ローマ

ディオニュソスの秘儀ポンペイ

パクイウス・プロクルス夫妻〃

中世

 ビザンティン

オランテ、カタコンペの壁画   宗教画

星空の十字架と使徒達      モザイク

 ロマネスク

女性の創造エヴァと蛇     フレスコ

ノアの箱船  サントサヴァン寺壁画

 ゴシック

シャルトル本寺聖母子   ステンドグラス

ジオット「ユダの接吻」

 ルネッサンス

ボッテチェルリ「春」「ヴゥーナスの誕生」

ミケランジェロ「最後の審判」壁画 

 バロック

カラヴァッジョ「聖母の死」

レンブラント「夜警」「ペテロの否認」

 ロココ

ヴァトー「キュテラ島の巡礼」

フランソワ・ブーシェ「ヴィーナスの勝利」

近代

 新古典主義

ダヴィッド「ナポレオンの聖別式」 6.3m×9.3m

アングル「泉」「オダリスク」「ベルダン氏」

 ロマン主義

テオドル・ジェリコー「メデュース号の筏」

ドラクロワ「ヨパンの肖像」

 写実主義

ミレー「種を撒く人」「落穂拾い」

ドーミェ「洗濯女」

 印象主義

マネ「草上の昼食」「笛を吹く少年」

ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

現代

 

ルソー「眠れるボヘミアの女」「夢」

モディリアーニ「髪をほどいた裸婦」

 

日本絵画展示の一部例示品

 実物大複製品

日本絵画館

原始時代

チプサン古墳人物壁画

高松塚古墳壁画

飛鳥・奈良時代

法隆寺金堂飛天の小壁

平等院鳳おう堂扉絵

仏 画

十六羅漢 

吉祥天  薬師寺

最勝王経変相

文殊渡海図

十二天  

絵巻物

源氏物語絵巻19図

善財童子絵巻

飢餓草紙

紫式部日記絵巻

蒙古襲来絵巻

水墨画

雪舟「四季山水図」

雪村「松に鷹」

可翁「寒山図」

祥啓「だるま像」

宮本武蔵「布袋見斗鶏図」

障壁画

狩野元信「山水花鳥図」

狩野松栄「遊猿図」  

狩野山楽「近江名所図」

長谷川信春「牧馬図」 

久隅守景「夕顔棚納涼図」

南画

池大雅「楼閣散水図」

頼山陽「浅縫山山水図」

渡辺華山「芸妓図」

丸山応挙「昆虫写生帖」

浮世絵

写楽「二月狂言」

喜多川歌麿「青楼仁和嘉女芸者部」

歌川豊国「役者舞台の姿絵」

葛飾北斎「富岳三十六景」

安藤広重「東海道五十三次」

近代

狩野芳崖「悲母観音」

岸竹堂「虎」

横山大観「夜桜」

竹内すほう「まだら猫」

村上華山「裸婦図」 

現代

鏑木清方「春雪」

上村松園「ぼたん雪」

杉山寧「瞳」「汐」

平山郁夫「流砂の道」

東山魁夷「白夜光」障壁画「山雲」

 

日本彫刻展示の一部例示品

 実物大複製品

日本彫刻館

縄文期 

岩偶        秋田県小坂町 遺跡

顔面付注口土器   山梨県須玉町

みみずく形土器   埼玉県鴻巣市 

うずくまる土偶   青森県田子町

弥生期

木葉文壷形土器   岡山市いずみ 

台付塗彩壷形土器  愛知県一宮市

流水文銅鐸     兵庫県豊岡市 

けさ襷文銅鐸    大阪府太子町

古墳時代

埴輪襷をかけた男  大阪府藤井寺市

〃 三人の童女   群馬県高崎市

〃 踊る人々    埼玉県江南村

人物画像鏡     和歌山県橋本市

飛鳥・奈良時代
天平・貞観彫刻

法隆寺  釈迦三尊・二王像・四天王像

東大寺  日光菩薩像・月光菩薩像・

興福寺  阿修羅像

薬師寺  聖観音像・薬師如来像

西大寺  四仏像 

藤井寺  千手観音像

唐招提寺 ぼんてん像 ・鑑真和上像

正倉院  獅々面・かるら面・馬頭・力士面

教王護国寺 不動明王像・帝釈天像・ぼんてん像

広隆寺  千手観音菩薩像

平安時代

平等院  雲中供養菩薩レリーフ52体

即成院  阿弥陀如来像・25観音菩薩像

広隆寺  12神像

奈良興福寺 12神像板彫・天燈鬼・龍燈鬼

清涼寺  釈迦如来像     

三千院  阿弥陀三尊像

鞍馬寺  三尊像・びしゃもん天像

円隆寺  不動明王像 

神護寺  五大虚空菩薩像

延暦寺  維摩居士像

鎌倉時代

東大寺  金剛力士像(運慶・快慶作)

〃   僧形八幡神像(快慶作)

円城寺  大日如来(運慶作)

浄瑠理寺 吉祥天像

蓮華王院 風神・雷神

〃   空也上人像・婆薮仙人像

〃   千手観音像         

吉野水分神社 玉依姫命像

鶴岡八幡宮  弁財天像

高徳院    鎌倉大仏 

仏僧・武将像

唐招堤寺   鑑真和上像  

教王護国寺  弘法大師像

愛媛宝巌寺  一遍上人像

新潟西照寺  親らん上人像

東京本門寺  日蓮上人像

京都酬恩園  一休宗純像

神奈川建長寺 北条時頼像

六破波羅寺  平 清盛像

神仏事面・能面

法隆寺    菩薩面

京都博物館  帝釈天面

観世家    延命冠者 

宝生家    大喝食

金剛家    小面         

八坂神社   怒男

宇良神社   空吹

桃山・江戸時代

絵画と工芸装飾が盛んであって、伝統彫刻衰退の時代であるが、これは、禅宗の影響による非偶像化のせいとも言われている。

そのような背景にもとづいて、この時代の展示品として、精緻な技巧を誇った手工芸品や甲鎧品を加える。

近代~現代

伝統彫刻の復活を見る間もなく、洋風彫刻の導入が始まり、伝統の日本彫刻の名残を僅かに見るだけである。

山崎朝雲「大葉子」

米原雲海「仙丹」

高村光雪「老猿」

佐藤朝山「ドシャンタとシャクンタラ」

竹内久一「妓芸天」

平櫛田中「転生」

橋本平八「花園に遊ぶ天女」 

 

西洋彫刻展示の一部例示品

 実物大複製品

西洋彫刻館

原始時代

女性頭部像 ブラッサンプイ出土  3万年前

女性小像    ヴィレンドルフ出土

ビソン像    チュック.ド-ドウベル出土

メソボタミヤ

シュメ-ル婦人頭部【BC6000】

聖樹牡山羊~金属貝殻製

アッカド王の青銅頭部

ナツメヤシと鷲頭の精

ダレイオス大王の謁見

エジプト

蛇王の碑  

カフラ-王座像

ヘテブとネフェルトの像

ネフェルト胸像

テ-ベの神官頭部

ギリシャ

アポロンのク-ロス

パルティノン神殿三女神

テルフォイの御者像

ヘルメス像

ミロのヴィ-ナス

ロ-マ

ブル-タス像

ウルカアポロン像

プリマポルタのアウグストゥス

トラヤヌス帝の記念柱浮き彫り

アンティノスノ像

中世初期

ユニウス・バックスの石棺

二兄弟の石棺

 ~中世のビザンティン美術は、聖像などの彫刻が拒否され、一時的に衰退した。

ロマネスク

モワサック本寺彫刻

ポワティエ本寺彫刻

ヴェズレ-本寺彫刻

ゴシック

アミアン寺院「黄金の処女マリア」

ランス本寺「微笑む天使」

ランス本寺「美しき神」

ナウムブルク本寺「ウタの像」

ランスノ-トルダム「受胎告知訪問」

ルネッサンス

ドナテルロ「予言者ハバクク」

ギベルディ「天国の門」

ポライウオ-ロ「ヘラクレスとアンタイアス」 

ヴェロッキオ「ダヴィデ」

ジョバンニ・ボロ-ニャ「サビニの女の略奪」

ミケランジェロ「ダヴィデ」「モ-ゼ」「奴隷」

ジャン・グ-ジョン「女人像」

バロック・ロココ

ベルニ-ニ「聖テレサ」

ピュジェ「クロトンのミロ」

アントワ-ヌヴァ-ドン「ヴォルテ-ル座像」

~工芸品の時代

 

近代~新古典・
ロマン・写実主義

カノ-ヴァ「アモ-ルとプシケ-」

カノ-ヴァ「ナポレオン像」

リュ-ド「凱旋門義勇軍の出発」

カルポ-「フロ-ラ」

ロダン「考える人」「カレ-の市民」

ヒルデブラント「球戯者」

マックスリンガ-「ベ-ト-ベン」

現代

アントワ-ヌ・プ-ルデル「弓引くヘラクレス」

マイヨ-ル「地中海」

ム-ア「家族」

ボッチオ-ニ「30度の力学的射影」

ボッチオ-ニ「空間の中のユニ-クな連続形態」

ジョ-ジ・カルダン「処刑」

ボイス「グランドピアノのための均質な浸透」

~ほか、様々な華麗・幻想・驚愕的な手法による現代彫刻は精神表現の世界を拡大している。

 

西洋彫刻の歴史においても、宗教的な影響から彫刻が衰退した時期が何度かみられ、これらの時期については対照的に隆昌した家具・調度品ガラス工芸・陶芸品なども展示し、興味深く時代の継続を観覧されるようにする。

世界の音楽

 時代の演奏再現と楽器資料の展示

 

 声楽・器楽・形式・理論等、時代毎の特徴を複写楽譜や音楽家使用の品々を展示するほか、器楽の種類その編成と演奏の歴史的様子を、正確な音響再現を軸にハイテクを駆使し製作の動作人形、ならびに居住室内・野外環境を映像合成によって華麗に、そしてファンタジックにショウアップして、各時代を経てきた音楽文化の変遷学習の情報を興味深く提供する。

音楽館

※上図は他文献参照作成

 

1.楽譜・楽典書籍・歴代音学家関係資料写しの展示

 中世キリスト教の
 時代

グレゴリオ聖歌、平行進行の多声部技法

騎士歌人による大衆歌 フランス・ドイツ

立琴伴奏の吟遊詩人  イギリス

 ルネッサンス期

ティンクトリスによる音楽辞典・対位法刊行

ポリフォニー技法普及、

ハープシコードなど鍵盤楽器の普及

オペラの誕生 作曲家ペーリー.

       〃 モンテ・ヴェルディ

器楽分野 小合奏体(コンチェルティーノ)

     大合奏体(リピエーノ)

 バロック時代

ヴィヴァルディ  3楽章協奏曲

バッハ      管弦楽、室内ソナタ、オルガン

ヘンデル     協奏曲、オラトリオ

 古典派

ハイドン     交響曲の父

モーツアルト   交響曲、協奏曲、歌

ベートーヴェン  交響曲、協奏曲ピアノソナタ

 ロマン派新古典派

シューベルト   交響曲、歌曲、ピアノ曲

メンデルスゾーン ピアノ曲、室内楽曲、交響

シューマン    ピアノ曲、協奏曲

ブラームス    交響曲、協奏曲、ピアノ曲

チァイコフスキー 交響曲、協奏曲、バレエ音

ドヴォルザーク  交響曲、管弦楽曲

ベルリオーズ   交響曲、合唱つき管弦楽曲

ショパン     ピアノ曲

ブルックナー   交響曲

マーラー     交響曲

ワーグナー    オペラ、管弦楽曲

ヴェルディ    オペラ

プッチーニ    オペラ

 近代・現代

ドビュッシー   管弦楽曲、ピアノ曲、声楽曲

R.シュトラウス オペラ、管弦楽曲

ラヴェル     管弦楽曲、ピアノ曲

ストラヴィンスキー  管弦楽曲、協奏曲

グリンカ・ ショスタコヴィッチ

2.楽器と演奏形態の展示 

撥絃楽器

リラ・キタラ・ハープ・リュート・ギター

びわ・三味線・琴

擦弦楽器

ルベック・フィドル・シャーマンキット・

イングリッシュキット・シフ(胡弓)

木管金管楽器

パーンの笛・縦横竹笛・角笛・リコーダー・木管金管楽器へ

打楽器

木、竹、皮革、金属製民族系各種から

シンバル・ティンパニー

パイプオルガン 携帯式(中世)・フイゴ式・電動式・電子楽器 

これらの展示物は、個々の表示ボタンをプッシュすれば、当時代の音楽がそれぞれの音色でモデル人形の動きにより独奏や合奏の演奏様子とともに聞き見られる。

3.演奏イベント

 第1部のやや学術的な資料展示と、第2部の楽器と演奏形態変遷の興味を視聴覚経験のあとは、コンサートホールに入り進んで、現代楽器により編成したオーケストラと軽音楽団による交響楽・室内楽、軽音楽ロック演奏まで多様な音楽を鑑賞し楽しむ場を設けます。

 また、オペラ・バレーの通常上演でもって、我が国の舞台芸術の向上と普及による同舞台興業の先進国化も図ります。

 これを週末や特定日には、パーク歌劇団・舞踊団による民話や童話の創作オペレッタやミュージカル公演を提供するほか、別途の有料公演として内外の優れたアーチストを招聘公演するなど、次のイヘントを行います。

 

①オリジナルワーク 「ミュージカル・グランドオベレッタによる日           本民話集」「世界の童話フアンタジー集」 
           ~パークオペラ団・バレー団公演

②名作オペラ    ~パークオペラ団公演・内外歌劇団招聘公演

③名作バレー    ~パークバレー団公演・  〃       

④世界の民族歌舞  ~当該国アーティスト集団招聘公演 

⑤軽音楽・ロック  ~内外バンド招聘公演・パークバンド公演

 

 なお、パーク楽劇団は、上記の音楽館内活動のほかに、パーク内のイベントプラザと遊園地で催すアトラクション・パレードのイベントにも出演するもので、パークでの動的人気を得るスター稼業と位置付けます。

 

 

日本音楽部門

 

古 代

天照大神の天岩戸隠れに行われた舞楽

神武天皇が大和地方平定のとき歌った軍歌、久米唄と久米舞

古事記にとどめる和笛と和琴

飛鳥・奈良時代

仏教伝来と百済からの仮面劇伎楽

雅楽寮の設立 和楽・伎楽・三韓楽・唐楽の演奏

・尺八・琴・びわの伝来

平安時代

雅楽全盛、内外音楽の融合時代

仁名天皇の長生楽と西王楽作曲

流行歌催馬楽(さいばら)広まる

雅楽の定着

鎌倉時代

猿楽能と延年舞の発達

平家びわと虚無僧尺八

室町・桃山時代

能楽(猿能楽)の大成 世阿弥元清「音曲声出伝」を著す

琉球蛇皮線を石村検校三味線に改良

天文18年(1549年)キリスト教伝来慶長6年(1596年)キリスト教弾圧で西洋音楽移入途絶える

江戸時代

雅学の衰微 武士階級の能楽 三味線による長唄等庶民音楽定着

浄瑠璃・歌舞伎の発達

近代・現代

西洋音楽の時代へ 明治5・6年海軍・陸軍軍楽隊採用 唱歌教育邦楽の呼称となって、今、洋楽との融合を進める動きの中にある。

 

 以上の流れを西洋音楽部展示の方法をもとに、展示と演奏を行う。

 以上、著作の展示物記載数例から先陣の数例づつを記したものですが、展示物候補は沸き出るほどに豊富でありますから、展示物の適宜な大小規模の入替えでリピーターをキャッチします。 また、同様に各館内外で催す国内外のストーリーによるアトラクションのレパートリー拡大、そしてイルミネーシヨンの色彩と形状のチェンジで華麗な照明美術を展開し、メーン・サブ両面のたゆまない企画進化をもって入場者対策に万全を図ります。

 時の権力者が数年から数十年かけて建立奉納した神社・仏閣・彫刻などの芸術的遺産を、レプリカとは言え、多種多数を十年足らずの時間で制作するのは大変なことであります。また、レプリカ制作には原本からの著作権クリアが難しく、徐々に解決されるとしても当初は展示物を揃え難いこともあると思われます。

 新しく大きい課題が山積する事業でありますが、経済界の芸術振興への心意気、学術界の実証力、虹七色を見極めるわが国の精緻な芸術家の手腕 、そして行政の機能力の発揮によって早々に推進され実現することを期する次第であります。   終

 

 

音楽館